スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告

マイナンバーにより、すべて丸見え社会、の出現か?

日本に住むすべての人に共通番号(マイナンバー)を割り当てるものとするマイナンバーの導入は2013(平成25)年成立の法律で決まっていましたが、今般(平成27年9月)改正マイナンバー法が成立、その結果、来年(平成28年)の運用開始に向けて、

◎10月1日以降、マイナンバーを記した通知カードが住民票の住所に郵送されて来る
◎来年1月以降ICチップ付きの「個人番号カード」を区市町村の窓口で受け取れる

ことになりました。

さて、我々は、この送られて来た通知カードをどうするか、つまり「個人番号カード」を、区市町村の窓口に行って、受け取るか否かを決めなければなりません。
個人番号カードとはどんなものかが分かりませんと住民は、おそらく協力しないでしょう。

日本人は、当面は様子見、すなわち、会社の同僚やら知り合いの人がどうするかを静観する人が多いでしょう。
西洋の人はキリスト教という一神教を信仰する人が多いので、様子見をせずに自分自身が個人の信条に従い判断します。

此処へ行くと日本人は自分が独自に判断するのではなく、自分の属する集団の大勢が赴くように行動します。
しかし、何れ自分自身の利害関係につながる自分の問題ですから、自分自身が判断しなければなりませんね。
スポンサーサイト
カテゴリ: マイナンバー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。