スポンサーサイト

マニュアル化も良しだがその次は何?

戦後は海外の文物が、中でもアメリカの技術及び文物がどっと入ってきた。そのうちの一つが、マニュアル化だろう。マニュアル化とは、標準化である。誰でもマニュアル通りにしさえすれば、熟練者でなくとも標準どおりのものが作れ、大量生産ができる。ビジネスの世界も軍事の世界も、限られた物量と人の中にあって、それらをどのように動かせば勝を得られるか、という点では同一である。昔は、仕事でも勉強でも、手取足採り教えるこ...

弁護士、ウラかオモテか?

金をもらって人の怨みをはらすのが仕事人、いまは亡き藤田まことのあたり役「必殺仕事人」シリーズは人気を博しました。筆者もそのフアンです。どこか人の怨みを晴らす面で弁護士に似かよっているからです。何事にも裏と表があります。人間にも、カンダタ(芥川龍之介の小説・蜘蛛の糸の登場人物)のような大悪人からお釈迦様のように慈悲深い人まで、色々です。わが国は、司法改革の一環として、ロースクールという大学院を設立し...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。