スポンサーサイト

鬼平の教えてくれているもの

電通が社員の過労死問題で、叩かれている。その電通が、平成29(2017)年から、従業員向け手帳に記載してあった「鬼10則」を削除する、という。「鬼10則」は電通の中興の祖といわれる4代目社長の吉田秀雄氏の遺訓。昭和26(1951)年制定という。この遺訓は、従業員の行動規範となり、電通の高度成長の源泉となったに違いない。他の企業人達もそれを「鬼10則」として尊重し、自分の行動規範としたものである。「...

老師(恩師)(3)

人間は動物と違って、生まれおちても直ぐには、一人立ちできない。親の躾け・教育はさることながら、第三者の指導は欠かせない。恩師から一人前であるという卒業のしるしをもらって、社会に出ても死ぬまで学び続けなければならないが、子供の頃教わった先生の訓えは大きい。やはり「鉄は熱いうちうちに打て」なのだろう。人によって、小中高校の先生、或いは大学時代の先生とその教えてくれた先生は異なるが、その内容は真実を突い...

老師(2)

筆者の友人に坐禅をしている人がいます。老師は、洒脱な方のようで、参禅者に茶飲み話に自分の修行時代の話を聞かせてくれます。言ってみれば失敗談の類です。ある時、若かった件の老師はお師匠さんである老師から言いつけられました。老師は弟子に、「今日、大事なお客さんが来るから、うちにある最上の般若湯(酒)を持ってきてくれ」といったのです。アッ、この間いただいたあの酒のことかな、と思った修行僧は、最上と思われる...

老師(1)

一般には、出家した人のことを、お坊さん、住職さん、方丈さん、等々と呼びます。そこにはいくばくかの尊敬の念が込められています。禅においては、指導者のことを「老師」と呼び、参禅者にとっては、当初は雲の上の人です。自分達のうかがい知れない修行をし、「悟り」というものを知っており、我々一般人とは違う人達なのではないか、と頭の中であれこれ考えるからです。禅僧という人は、どんな修行をしている人達なのだろう、と...

3-4 本土決戦か(?)-男女間の終戦

大井さんは、幸田朗弁護士のアドバイスに従って、野瀬女史と昼、レストランで会うことになった。「大井さん、又、夜ホテルで彼女と会って別れ話をするなんてだめですよ、元の木阿弥になりますよと冗談とも本音ともとれる幸田弁護士のコトバを思い出したからである。できれば、もう一度、彼女と同衾したかったのであるが、その想いを振り切ったものである。大井さんは「君の話はよくわかった。子供を産んでほしい、人間に生まれてく...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。